デリヘルの流れ

呼ぶときに考えること


デリヘルっていうのはデリバリーヘルスの略称です。
ウィキペディアのデリバリーヘルス
デリヘルから女性を呼ぼうとおもったらどのようにすればよいでしょう?まず、インターネットやモバイルで風俗関係の情報サイトを探します。全国レベルでもその地域のものでもかまいません。自分のいる地域を指定して、希望する業種を選択すると沢山の店が紹介されているのでその中から気に入った店を選びサイトを開きます。

女の子を決める


気に入った女性がいたらその女性の名前や番号を控えておき店へ電話をします。女性の予約をする際は人気のある女性ですと希望する時間に来てくれないこともあります。その場合は他の女性を呼ぶか日を改めて予約します。デリヘルでは、女性が行うサービスについて基本的なものとは別にオプションと称し色々なサービスを付加していることがあります。

オプションを決める


基本的なものとしては、オールヌード・キス・生リップ・全身リップ・逆性感・ローションプレイ・シックスナイン・口内発射などがあります。

これらに加えオプションとしてコスプレ オナニー見学 おしっこ見学 ピンクローター、バイブ、 パンストプレイ パンティ持ち帰り 顔射 精液飲込み、即尺 AF(アナルファック) などがあり、それぞれに料金がついていますので基本サービスに加算されていきます。

これらのオプションがすべての女性にできる訳ではありません。ハードなアナルファックなどはできる女性はかなりかぎられます。

ホームページの紹介欄にはそれぞれ受けてくれるオプションも記載してあるので、女性を選択する際に参考にするとよいでしょう。店によってはこのオプションがその店の売りになっていることもあります。一般的にデリヘルの場合客層を限定していることが多いです。若い女子高生タイプの店や人妻ばかり揃えた熟女タイプの店、SMプレイを取り込んだ店などです。自分の趣味にあったプレイが楽しめるのもデリヘルの魅力で
しょう。

料金確認


次に料金にたいする確認をしっかり行なわなければなりません。デリヘルでは、サービスに係る料金の他に利用するホテルの料金、女性が移動する際の交通費、指名料、チェンジする際にかかる費用(初回は無料)などがかかってきます。更にオプションと呼ばれるサービスについてもひとつひとつに料金が加算されるのであまり欲張るととんでもない値段になるのでよく考えて注文しなくてはなりません。

ホテルについても注意が必要な場合があります。ビジネスホテルだとシングルは駄目だったりします。ダブルかツインでないとホテル側が受け入れてくれないからです。ラブホテルを利用するつもりであれば、どのホテルを利用すればよいか店側にきいておくとよいです。

禁止行為もあります


デリヘルを利用する際の基本的な禁止行為は次のようなものがあります。本番の強要、基本プレイ以外のプレイの強要、不潔な状態での接触は避ける(常に清潔を保つため必ずシャワーを浴びておきましょう)、乱暴したり女の子が怖がるような行為、麻薬やドラッグ、シンナーを常用している人。病気になっている人(風邪でも)。 カメラなどの機器で撮影・録音・盗聴をすること、 スカウトなどの引き抜き行為、女性が嫌が
る行為、怖がる行為、個人的な交際を求める行為、などがありますのでよく注意しましょう。